コンテンツへスキップ

1月の誕生石ガーネットの意味や効果を徹底解説

誕生石、ガーネット

「1月の誕生石のガーネットにはどんな意味があるの?」や「ガーネット以外には何かある?」といった疑問を持ったことがある人は多いと思います。

1月の誕生石であるガーネットは、最も代表的な色である赤以外に、オレンジや黄色、さらには緑などカラフルな種類があることが特徴で、ネックレスやペンダントなどによく使われる宝石のひとつです。

そんな「1月の誕生石ガーネット」について、ガーネットのことをもっとよく知りたいという人に向けてわかりやすく解説します。

こちらの記事もおすすめ⇒ガーネットの色や種類をわかりやすく解説

1月の誕生石ガーネットの特徴

ガーネット
ガーネットの商品はこちら

1月の誕生石であるガーネットには、主に以下のような特徴があります。

  • 赤、オレンジ、黄、紫、緑などカラーバリエーションが豊富
  • 大半は加熱処理などがされていない天然色
  • 透明度がある物ほど価値が高い
  • 硬度が高い(モース硬度6.5から7.5)
  • 水洗い出来るほど耐水性が高い
  • 紫外線に強い

このように、ガーネットは色が豊富であることに加え、日常生活においても扱いやすい宝石ということが言えます。

また、その多くは処理を加えていない天然の色であることから、他の宝石と比較して「自然な宝石」ということが特徴です。

ガーネットの宝石言葉

1月の誕生石であるガーネットの宝石言葉には、主に以下のようなことがあります。

  • 真実
  • 友愛
  • 忠実
  • 情熱
  • 繁栄
  • 貞操

いずれの石言葉も、ガーネットの硬度の高さや、燃えるような天然の赤色であること、そして幅広いカラーバリエーションなどに由来しています。

1月の誕生石としてガーネットの宝石をプレゼントする際には、これらの石言葉の意味を込めてプレゼントすると喜ばれるでしょう。

ガーネットの意味と効果

1月の誕生石であるガーネットには、主に以下のような意味と効果があるとされています。

  • 判断力や決断力の向上
  • 友情や愛情を深める
  • お守り効果
  • 心身の活性化

ガーネットの意味や効果のなかで広く知られていることとして「心身の活性化」があります。ガーネットはインドの占星術で「マイナス思考を取り除くもの」とされており、うつ病や悩みといった精神面の問題から解放されるためのお守りのような効果があると信じられています。

他にも「判断力や決断力の向上」効果が得られると信じられていることも有名でしょう。これは、旧約聖書に書かれている「ノアの方舟」の灯りが、ガーネットだったという逸話に由来しています。

このように、ガーネットは男性や女性、年齢、さらには互いの関係性を問わず、意味や効果を伝えやすい宝石と言えます。

ガーネットの歴史

1月の誕生石であるガーネットは、ラテン語の「Granatus(グラナタス)」が語源で、紀元前3000年前から、古代エジプトのファラオがガーネットが施されたネックレスを使用していたとされるほど、歴史がある宝石です。

紀元前1000年前の青銅器時代には、ガーネットが研磨材のひとつとして用いられていたことがわかっており、歴史が古いというだけでなく、使用用途も幅広かったようです。

また、1096年から1303年にかけて続いた中世の争いにおいて、十字軍が自身を守るための「お守り」として身に付けていたと言われています。

この争いで主人を失った未亡人は、ガーネットを身に付けることで新たな出会いに恵まれると信じていたともされています。

ガーネット以外に1月の誕生石はある?

1月の誕生石は日本に限らずガーネットだけです。誕生石を巡っては、各国でその規定が異なります。

例えば、日本では4月の誕生石は「ダイヤモンド」と「モルガナイト」ですが、イギリスでは「ダイヤモンド」と「水晶」、フランスでは「ダイヤモンド」と「サファイア」です。

このように各国での違いが生じているため「ひと月に複数の誕生石が存在している」ことや「国によって誕生石が違う」という事象が起こります。

この結果、頻繁に「○月の誕生石は他に何かあるの?」という疑問が出てくる訳です。しかし、1月に限っては、どの国もガーネットのみであり、1月は特殊な誕生月と言えます。

1月の誕生石がガーネットだけの理由

誕生石を定義している各国において、1月の誕生石がガーネットだけとされている理由は「自然な色」であること、そして「自然な結晶で十分に綺麗」ということに由来します。

ガーネットは色や形状を加工せずとも(自然なままで)綺麗に見えることから、1年のはじまりである1月に相応しいとされ、1月の誕生石に選定されたという訳です。

また、ガーネットのように自然な状態で十分に美しい宝石は数少ないため、1月の誕生石に別の宝石が加えられることがないともされています。

ガーネットを贈るおすすめのイベント

ガーネットは1月の誕生石として贈ること以外に、以下のようなイベントや記念日などに贈ることもおすすめです。

  • 結婚18年目の記念日
  • 子供へのはじめての宝石
  • 卒業記念

結婚18年目の記念日

ガーネットは「結婚18年目の記念日」に贈るのにおすすめです。結婚18年目は「石榴婚(ざくろこん)」という節目とされています。

ガーネットの和名が「石榴石(ザクロいし)」であることから、結婚18年目を祝うプレゼントとしてパートナーに贈ることが定番になっています。

子供へのはじめての宝石

ガーネットは「子供へのはじめての宝石」として贈るのにもおすすめです。主に欧米で取り入れられている風習で、ガーネットの石言葉である「忠実」に由来します。

子供に対して「自分の人生に忠実であってほしい」という親の願いが込められています。また、1年のはじまりである1月の誕生石ということもあり「初」という意味も含まれているようです。

卒業記念

ガーネットは「卒業記念」に贈ることもおすすめです。ガーネットの石言葉「友愛」に由来し、学友との変わらぬ友情を込めて贈るのが定番になっています。

まとめ

1月の誕生石であるガーネットは、色や結晶が自然であること、硬度が高いことが特徴です。これらの特徴から、贈る相手との深い絆を示すのに最適でしょう。

ガーネットは、色や形、価格なども含め、宝石のなかでも扱いやすいものですので、素敵なジュエリーを選んでください。

ガーネットの商品はこちらからご覧いただけます。