コンテンツへスキップ

12月の誕生石はタンザナイト?トルコ石?それぞれの意味を解説

「12月の誕生石は何?」や「12月の誕生石はタンザナイト以外に何がある?」と疑問を持ったことがある人は多いのではないでしょうか。

12月の誕生石は、他の月と比べて種類が多く、2021年に新たに追加されたものもあります。12月の誕生石を巡っては、色々な情報があるため混乱している人もいるようです。

そこでこの記事では「12月の誕生石」について、どのような種類があり、それらの特徴や意味について、宝石のプロがわかりやすく解説します。

12月の誕生石

日本における12月の誕生石は以下4つが採用されています。
12月誕生石
12月誕生石の商品はこちら

  • タンザナイト
  • ジルコン
  • ターコイズ(トルコ石)
  • ラピスラズリ

上記のうち「タンザナイト」と「ジルコン」は、2021年12月の誕生石改訂によって新たに追加され、合計4種類の誕生石になりました。

タンザナイトの特徴

タンザナイト
タンザナイトの商品はこちら

12月の誕生石であるタンザナイトは、主に以下のような特徴があります。

  • 多色性がある
  • 1967年頃から流通し始めた
  • タンザニアのメレラニでしか採掘されない
  • 加熱処理によって色を安定させている
  • モース硬度は6から7
  • ダイヤモンドよりも希少

タンザナイトは、タンザニアのメレラニ地域でのみ採掘される鉱物で、透き通った深い青色をしていることが特徴です。

1トンあたり4グラム程度しか採れないことや、他の場所では採掘されないことから、極めて希少性が高い宝石とされています。

タンザナイトの宝石言葉

タンザナイトの宝石言葉は以下の通りです。

  • 高貴
  • 知性
  • 冷静
  • 神秘
  • 希望

タンザナイトの意味と効果

タンザナイトは、見る角度によって青色や紫色に見える多色性が特徴で、これらの色の変化から神秘的な力があるという意味が加えられました。

神秘的な力によって、心身の安定や、思考力や集中力の向上効果が得られると信じられています。

また、希少性が高いことから、所有者には幸福が訪れるとも言われています。

ジルコンの特徴

ブルージルコン
ジルコンの商品はこちら

12月の誕生石であるジルコンには、主に以下のような特徴があります。

  • 複屈折がある
  • 金剛光沢(ダイヤモンド光沢)がある
  • 地球最古の鉱物と言われる
  • モース硬度は6から7.5

ジルコンは複屈折と金剛光沢と呼ばれる、ダイヤモンドと同じ特徴があります。宝石用にカットされたジルコンの内部に光が差し込むと、光がふたつに分岐し、カットが二重に見える現象が起こります。

一般的に、ジルコンはダイヤモンドに似ていると言われがちですが、ジルコンの方が10億年以上古い鉱物とされていることから、ダイヤモンドがジルコンに似ていると言うべきという声もあります。

ジルコンの宝石言葉

ジルコンの宝石言葉は以下のようなものがあります。

  • 安寧
  • 平和
  • 永遠
  • 無限
  • 生命力

ジルコンの意味と効果

ジルコンは「地球で最古の鉱物」と考えられていることから、生命力や無限の可能性を秘めているものという意味が込められています。

このことから、社会で生き抜くための力や、平和な環境を構築できるようになる効果があると言われています。

また、地球最古のエネルギーによって、心身を癒すヒーリング効果も高いとされています。

ターコイズ(トルコ石)の特徴

ターコイズ
12月の誕生石であるターコイズ(トルコ石)は、主に以下のような特徴があります。

  • 産地によって色や模様が大きく異なる
  • 硬度を高めるため樹脂で含侵処理されることが多い
  • 多孔質という、もろい構造
  • モース硬度は5から6

ターコイズは青や緑といった様々な色があることに加え、網目のような模様が入っているものなど、色や模様のバリエーションが豊富という特徴があります。

ターコイズのなかでも広く知られているのが、アメリカのアリゾナ州にあるスリーピングビューティー鉱山で採れた「スリーピングビューティー」でしょう。

空のような真っ青のスリーピングビューティーは、数あるターコイズのなかでも人気が高いひとつで、鉱山の閉山後は希少性が高まっています。

ターコイズ(トルコ石)の宝石言葉

ターコイズ(トルコ石)の宝石言葉は以下の通りです。

  • 繁栄
  • 守護
  • 安全
  • 幸運

ターコイズ(トルコ石)の意味と効果

ターコイズは、主にトルコの商人がヨーロッパ諸国へ流通させたことや、トルコを経由して広まったため「旅する石」という意味が込められるようになりました。

また、ネイティブアメリカン(インディアン)は、ターコイズをお守りにしていたことから「守護の石」と考えられるようになりました。

このことから、ターコイズには旅や日々の暮らしにおける「お守り効果」があると信じられています。

ラピスラズリの特徴

ラピスラズリ
12月の誕生石であるラピスラズリは、主に以下のような特徴があります。

  • 青色が濃いほど価値が高い
  • 金色の内包物はパイライト
  • モース硬度は5から6
  • 世界で最初のパワーストーンとされている

ラピスラズリは深く濃い青色に金色のパイライトが点在することが特徴です。また、人類で最初に利用された鉱物とされており宝石に限らず彫刻や置物、顔料などにも使用されます。

パワーストーンの代名詞と言われることもありますが、パキスタンでは紀元前7千年前(新石器時代)の遺跡でラピスラズリが使われており、日本では756年に建てられた正倉院にラピスラズリをあしらった牛革ベルトが残っていることから、その歴史は非常に古いとされています。

ラピスラズリの宝石言葉

ラピスラズリの宝石言葉には以下のようなものがあります。

  • 真実
  • 幸運
  • 健康
  • 崇高

ラピスラズリの意味と効果

ラピスラズリは人類が初めて利用した鉱物と考えられていることから、気高く尊いものという意味が込められています。

これに結び付けて、邪気を払う効果や、高みを目指すエネルギーが身に付くといった効果があると信じられるようになりました。

不思議な力がある石ということから、昨今ではパワーストーンとしても安定した人気を誇ります。

まとめ

12月の誕生石は、タンザナイト、ジルコン、ターコイズ(トルコ石)、そしてラピスラズリの4種類です。

タンザナイトとジルコンは新たに追加されたものですが、ジュエリーとしてはとても人気がある宝石ですので、12月生まれの人に贈る際はきっと喜ばれるはずです。

12月誕生石の商品ページはこちら
12月誕生石リンク画像