コンテンツへスキップ

20代、30代、40代、年代別プレゼントにおすすめのジュエリー 

ジュエリーをプレゼントする際に難しいことのひとつが、贈る相手の「年代」ではないでしょうか?

一般的に20代、30代、40代とそれぞれの年代で似合うジュエリーの傾向が異なるとされており、さらに贈る相手の好みを考慮する必要もあります。女性にジュエリーを贈る際は「相手の年代」に合わせて、ジュエリーの種類やデザイン、そして色などを選ぶことがポイントです

そこでこの記事では、20代、30代、40代、50代以上といった年代別に、プレゼント用ジュエリーの選び方のポイントを解説します。

20代女性へのプレゼントにおすすめのジュエリー

20代の女性にジュエリーをプレゼントする場合「ペンダント」や「ネックレス」そして「ピアス」がおすすめです

ペンダントやネックレス、ピアスがおすすめの理由は「サイズ選びを失敗しにくい」ことや「普段使いしやすい」こと、そして「可愛らしいデザインが似合う年代である」ことなどが挙げられます。

一般的に、20代の女性はハート型のような可愛らしいデザインであっても馴染みやすく、どのようなデザインでも使える年代と言われています。

選び方のポイント

20代の女性は仕事やプライベートの時間などでジュエリーを使う機会が多いことから「普段使いできること」が重要なポイントになると言えるでしょう。

20代女性にジュエリーを贈る場合の一般的な予算相場は5,000円から100,000円と幅広いことが特徴です。

贈る相手が結婚を視野に入れている彼女であったり、誕生日やクリスマスなどの特別なシーンであったりすると、20代でも高価なジュエリーが選択肢になるかもしれません。

30代女性へのプレゼントにおすすめのジュエリー

30代の女性にジュエリーをプレゼントするなら「ネックレス」や「指輪」がおすすめです。

この理由として、30代の女性は大人の仲間入りとされる年代であることから「一生もののジュエリー」を意識し始めるようになるためです

とりわけ、ネックレスと指輪は「一生もののジュエリー」と言えるものが多く、贈られた女性が今後年齢を重ねても様々な場面で使用し続けられるメリットもあります。

選び方のポイント

30代の女性に贈るジュエリー選びのポイントは「生涯ずっと使えること」と言えるでしょう。

30代の女性には仕事や結婚、出産と様々なイベントが起こりやすく、徐々に大人としての落ち着きも定着します。

ジュエリーに対しても、20代の頃のような可愛らしいデザインよりも、シンプルなものやビンテージなどを好むようになるとされています。

このことから、30代はジュエリーに対する好みが確立され始める年代であり、そのひとつとして「長く使える良い物」に価値を見出すようです。

予算の目安としては30,000円から100,000円で、20代と比較すると最低予算が大きく上がります。

40代女性へのプレゼントにおすすめのジュエリー

40代の女性へジュエリーをプレゼントするなら「指輪」や「ネックレス」がおすすめです。

40代の女性は仕事や子どもの学校行事といった場面に出る機会が増えることから、可愛らしいデザインや個人的な好みが強いジュエリーよりも、品の良さが求められるようになります。

このことから、どのような場面でも相応に映る「質が高いジュエリー」が重宝されがちです。

指輪ではダイヤモンド、ネックレスでは真珠などが好まれ、ジュエリーのなかでもより本格的なものが喜ばれるでしょう。

選び方のポイント

40代の女性へジュエリーを贈る際には「質が高いジュエリー」を選ぶことがポイントです。

また、様々な立場においてふさわしくマッチしやすい「シンプルなデザイン」を選ぶことをおすすめします。

決してブランド物が良いという訳ではありませんが、迷った場合は「定番」を選ぶと失敗しにくく、受け取った側も使い勝手に困らないでしょう。

プレゼントを贈る相手が40代女性の場合は、贈る相手のライフスタイルを考えて選ぶとうまくいくはずです。

予算としては、50,000円から100,000円が目安とされています。

50代以降の女性へのプレゼントにおすすめのジュエリー

50代以降の女性にジュエリーをプレゼントするなら「指輪」がおすすめです。

50代になると次第に手や指先も年齢を感じさせるようになってしまいます。

指輪はそれを紛らわせる効果もあることから、50代女性にとっては使い勝手が高いジュエリーと言えます。

また、50代の女性は「母の日」や「結婚25周年の銀婚式」などのイベントもあるため、指輪をプレゼントする機会は多いでしょう。

選び方のポイント

50代の女性に指輪などのジュエリーを贈る際は「華やかなもの」を中心にして選ぶことがポイントです。

具体的には、0.5カラット以上の一粒ダイヤモンドや、アコヤ真珠や南洋白蝶真珠(ホワイトまたはゴールド)といった「1点豪華なもの」がおすすめです。

他にも、エメラルドやルビー、サファイアなどの色石を使った指輪なども検討対象になるでしょう。

知っておきたい3つの定番カラー

20代、30代、40代といった年代別のジュエリー選びにおいて参考にしたいのが「3つの定番カラー」です。  3つの定番カラーそれぞれの特徴を解説します。

シルバー

シルバーアクセサリー
画像の商品はこちら

ひとつ目が「シルバー」です。プレゼントとしてジュエリーを贈る際、最も定番と言える色でしょう。

ネックレス、ペンダント、ピアス、指輪いずれでも使い勝手が良く、どのような宝石とも相性が良いのが特徴です。

20代、30代、40代と幅広い年齢層に適している色で、ジュエリーを贈る側としても失敗しにくい色と言えます。

シルバーの商品はこちら

イエローゴールド

シルバーアクセサリー
画像の商品はこちら

ふたつ目が「ゴールド」です。高級感やラグジュアリーな雰囲気が出やすいとされる色で、指輪やペンダントなどを選ぶ際の選択肢になるでしょう。

落ち着いた色合いのゴールドもあれば、華やかなゴールドもあるため、20代や30代は落ち着いたゴールド40代以降は華やかなゴールドといったように使い分けも必要です。

イエローゴールドの商品はこちら

ピンクゴールド

シルバーアクセサリー
画像の商品はこちら

最後が「ピンクゴールド」です。定番カラーの中で最も可愛い色と言えます。ピアス、ペンダント、指輪など幅広いジュエリーに使われていることが特徴です。

一方で、可愛らしさが強調されるため、20代に最適と言えるかもしれません

ピンクゴールドの商品はこちら

まとめ

20代、30代、40代の年代別で女性にプレゼントするジュエリーが理解できたと思います。ジュエリーを贈る相手の年代別によって傾向や色味なども変わることを考慮し、プレゼント選び

の参考にしてみてください。