コンテンツへスキップ

ダイヤモンドのランクは「4C」で決まる?値段への影響やその価値とは

眩いまでの輝きを放つダイヤモンド。

”宝石の王様”と称されるとおり、地球上で最も硬い鉱物であり、時を経ても色褪せることのないその美しい輝きは、いつの時代も世界中の人々を魅了し続けてきました。

そんなダイヤモンドの品質を決定付ける基準として「4C」というものがあります

一般には婚約指輪としてダイヤモンドを選ぶ際に意識されることの多い4Cですが、ネックレスやピアスなどのファッションジュエリーを購入する際も、この4Cを基準に選ぶことができます。

そこでこの記事では、ダイヤモンドの評価基準4Cや優れたカットに現れるハート&キューピッドについて詳しく解説します。

INDEX

ダイヤモンドの価値を決める「4C」とは

ダイヤモンド

4Cとはダイヤモンドの評価基準のことで、カラット(Carat)・カラー(Color)・クラリティ(Clarity)・カット(Cut)の4つの要素があります。

これは1950年代に米国宝石学会(GIA)により考案されて以降、現在まで国際的に広く通用している鑑定方式であり、世界基準として定められています。

4Cは価格を評価する場合の一つの目安となる要素であって、これだけでダイヤモンドの美しさを図ることはできません。

しかし、ダイヤモンドの価値や値段に影響する要素でもあるため、ダイヤモンドを購入する際にはこの4Cを参考にすると良いでしょう。

4Cの評価基準

ここからは、カラット(Carat)・カラー(Color)・クラリティ(Clarity)・カット(Cut)それぞれの評価基準について詳しく解説していきます。

カラット(Carat)

カラット

カラットは重さを表す単位で、1カラット=0.2gと定義されています

“大きさ”ではなく、あくまで“重さ”であることから、カラット数が大きければ必ずしも宝石の見た目が大きくなるとは限りません。

しかし、一般的には「カラットが大きい=サイズが大きい」と捉えてもさほど問題はないでしょう。

また、カラット数の大きなダイヤモンドをカットしたい場合、カットを施す前の原石自体が大きい必要があります。

しかし、原石は1ct未満の小粒なものが多く、大粒の原石は大変希少です。

よって、カラット数が大きいダイヤモンドほど希少性が高くなり、その他の評価が同グレードであれば、大きい方が必然的に価格も高くなります。

カラー(Color)

カラー

ダイヤモンドは無色に近ければ近いほど価格が高くなります

しかし、大半のダイヤモンドにはわずかな黄色みや褐色が認められるため、その濃度に応じてD~Zまでのアルファベットを用いて等級付けられたのがこのカラー評価です。

D・E・Fが無色、G・H・I・Jがほぼ無色、K・L・Mがわずかな黄色味、N~Rが非常に薄い黄色、S~Zが薄い黄色のように細分化され、Z以下はファンシーイエローに分類されます。

ファンシーカラーのなかでもブルーやピンク、パープルなどは極端に稀少性が高くなりますが、それらを除けばD・E・Fの無色のダイヤモンドの希少性が非常に高く、価値も上がります。

また、色を検査する際にはマスター・ストーンと呼ばれる基準石を用いて厳密に鑑定されますが、環境によって鑑定結果に差が生じないように、光源の条件を合わせるため人工光源を使用するといった対策がとられています。

最高グレードDカラーの希少価値とは?

ダイヤモンドのカラーグレードの中でトップに位置する「Dカラー」

その類まれな美しさは、いつの時代も見るものすべての心を捉えて離しません。

一般的にわずかに色がつくものが多いダイヤモンドの中で、無色のDカラーは非常に希少性が高く、一説によるとDカラーの出現確率は2万分の1とも言われています。

クロスフォーでは、そんな希少なDカラーダイヤモンドを主役にしたジュエリーを多数ご用意しております。

Dカラーダイヤモンド商品はこちらから

おすすめのDカラーダイヤモンドジュエリー3選

あえて小粒の石を使用することで手に取っていただきやすい価格にもこだわりました。

地金はダイヤモンドと相性の良い高品質プラチナを採用。

無色透明のみずみずしい輝きを最大限にお楽しみいただけます。

本来、Dカラーのダイヤモンドは婚約指輪などに使用されることが多い品質のため、ファッションジュエリーで手にできる機会は大変貴重です。

宝石の王様・ダイヤモンドの澄みきった”本物の輝き”を体感してみませんか?

カラーダイヤモンドの魅力

ダイヤモンドの中には、ピンクやブルー、イエローなどさまざまな色がついたダイヤモンドが存在します

ファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれる天然の色味もありますが、一般的に宝飾店で取り扱っているカラーダイヤモンドの多くは、照射や熱処理により人工的に着色されたものがほとんどです。

クロスフォーでは、Fancy Vivid Yellowの評価を得た天然のイエローダイヤモンドや、天然の高品質な無色透明のダイヤモンドにトリートメント処理を施したアイスブルーダイヤモンド、ラズベリーピンクダイヤモンドを使用したジュエリーをご用意しています。

透明なダイヤモンドや他のカラーストーンでは得られない、カラフルな輝きをお楽しみいただけます。

カラーダイヤモンドの商品はこちら

おすすめのカラーダイヤモンドジュエリー3選

クラリティ(Clarity)

クラリティ

クラリティとは本来、音色の清澄を意味する英語ですが、ダイヤモンドの評価においては透明度を表します

ダイヤモンドに含まれる内包物などの内部特徴(インクルージョン)と、キズや摩耗痕などの外部特徴(ブレミッシュ)の程度によって等級付けされます。

熟練した鑑定士が10倍に拡大して検査した際に内部・外部ともに無欠点のものをフローレス(FL)とし、肉眼で内包物等が容易に発見できるインクルーデッド(I)まで11段階で評価されます。

FLとIFを除くVVS以下は、さらにその等級内での程度を表す1〜2(Iは1〜3)までの数字が添えられています。

FL:石の内外部無欠点
IF:内部無欠点
VVS1〜VVS2:10倍拡大で発見困難な包有物
VS1〜VS2:10倍拡大で発見がやや困難な包有物
SI1〜2:10倍拡大で発見が容易、肉眼は困難
I1〜3:肉眼で容易に発見できる包有物

もちろんグレードが高いほど価値が上がりますが、あくまで10倍拡大での判断のため、さらに微細なインクルージョンなどが輝きや美しさに影響を与える可能性もあります。

カット(Cut)

カット

ダイヤモンドにはエメラルドカットやプリンセスカット、バゲッドカットなどさまざまな種類がありますが、光学的な理論において最も強い輝きが得られるのが、58面にカットされるラウンドブリリアントカットです。

カット評価はExcellent・Very Good・Good・Fair・Poorの5段階あり、定められたプロポーションの数値にいかに近いかによって等級付けされます

カラーやクラリティがダイヤモンドの先天的な性質であれば、カラットとカットは人の手を加えることにより評価が分かれる後天的な要素といえます。

カットする前の原石はガラス玉のような状態で、決して輝きが強いものではありません。

しかし、ひとたびカットを施せば、キラキラと強い輝きを放つ高貴なダイヤモンドへと生まれ変わります。

カットはそれだけダイヤモンドの美しさに影響する要素であることから、高い技術を用いて正確にカットされたダイヤモンドほど、高い評価がつけられるのも納得できるでしょう。

3Cが最高評価!「パーフェクトダイヤモンド」とは?

クロスフォーでは、ダイヤモンドの品質そのものに影響しないカラットを除いた、カラー・クラリティ・カットの3Cすべてが高評価を得たダイヤモンド「パーフェクトダイヤモンド」を使用したジュエリーを取り揃えております。

パーフェクトダイヤモンドの商品はこちら

おすすめのパーフェクトダイヤモンドジュエリー3選

カラーは無色透明の「D」、クラリティは10倍の倍率でインクルージョンが見られない「IF」、そして輝きの決め手となるカットは最上級の「Excellent(H&C)」という最高のバランスのダイヤモンドです。

ダイヤモンドが持つ本来の美しさを最大限に体感できるパーフェクトダイヤモンドの輝きを、ぜひこの機会にお楽しみください。

優れたカットにのみ認められる「ハート&キューピッド」

ハート&キューピッド

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドにおいて、シンメトリー(対称性)が優れているものにのみ認められる「ハート&キューピッド」というものがあります

特殊なスコープを用いてダイヤモンドを見た時に、クラウン側(上部)に8本のアロー(矢)のようなシルエット、パビリオン側(下部)に8個のハートのようなシルエットが浮かび上がることから「ハート&キューピッド」と呼ばれています。

4CのカットにあるExcellent〜Poorは数値に基づいて評価されるのに対し、ハート&キューピッドは一定のプロポーション条件を満たし、さらに対称性が優れているものに出現します。

そのため、ハート&キューピッド(H&C)が見える=Excellentとも限りませんが、シンメトリーはダイヤモンドのカットを評価する重要な要素の一つであるため、高品質なダイヤモンドである証ともいえます。

クロスフォーでは、このハート&キューピッドが認められるダイヤモンドジュエリーを多数取り揃えています。

H&Cが認められることを証明するカード鑑別書をお付けしておりますので、ぜひその愛らしいシルエットと美しい輝きをお楽しみください。

ハート&キューピッドの商品はこちら

おすすめのハート&キューピッドジュエリー3選

ダイヤモンドの知識を身につけて運命の一石を見つけよう

今回はダイヤモンドの評価基準4Cやクロスフォーおすすめの商品をご紹介しました。

美しい輝きと優れた性質を持つダイヤモンドは、婚約指輪だけでなくファッションジュエリーでも大人気。

品質の違いを正しく知ることで、今後ダイヤモンドを選ぶ時間も楽しくなるかもしれません。

ぜひ本記事を参考に、お気に入りのダイヤモンドジュエリーを見つけてくださいね。

ダイヤモンド商品はこちらから
ダイヤモンドリンク画像