コンテンツへスキップ

11月の誕生石はトパーズとシトリンどっち?

「11月の誕生石はトパーズかシトリンかどっち?」や「11月の誕生石で正しいのはどれ?」と不思議に思ったことがある人は多いと思います。

11月の誕生石には、トパーズとシトリン以外にも、オパールなども含まれるといった情報もあることから、混乱している人もいるようです。

そこでこの記事では、11月の誕生石に関する正しい情報をはじめ、トパーズやシトリンの特徴、意味や効果などについて、宝石のプロがわかりやすく解説します

11月の誕生石


トパーズ、シトリン

トパーズ、シトリンの商品はこちら

11月の誕生石はトパーズとシトリンの2つです。よくある質問として「トパーズとシトリンどっち?」というものがありますが、正確な回答は「どちらも正式な11月の誕生石」となります

日本の誕生石は、原則アメリカの誕生石に準じていることから、日本とアメリカの11月の誕生石は、トパーズとシトリンの2つで共通しています。

誕生石を制定しているイギリスやフランス、カナダでは、トパーズだけを11月の誕生石として採用しており、必ずしもすべての国で統一されている訳ではありません。

日本では、誕生石が制定された1958年以降、一貫してトパーズとシトリンが11月の誕生石として採用され続けていることから、宝石業界ではこの2つが定着しています。

トパーズとシトリンは安定して供給される宝石としても知られており、いずれのジュエリーも選択肢が豊富にあることが特徴と言えるでしょう。

とりわけトパーズは、結婚16周年記念(黄玉婚式)の贈り物としても人気があり、贈り物として喜ばれる宝石です。

また、シトリンの大半は、アメシストを加熱処理しているものですが、天然色のシトリンはとてもレアとされています。

トパーズの特徴


トパーズ

トパーズの商品はこちら
11月の誕生石であるトパーズは、主に以下のような特徴があります。

  • カラーバリエーションが豊富
  • 大半は無色透明で採掘される
  • ダイヤモンドと間違われる
  • モース硬度は8

トパーズはカラーバリエーションが豊富ということが特徴です。その大半は、無色透明で採掘されますが、天然のオレンジ色や、赤っぽい色をしたものは「インペリアルトパーズ」と呼ばれ、トパーズのなかで最も価値が高いと言われています。

トパーズは、ダイヤモンドや水晶と間違われるほど結晶の外観が似ています。このことから、ダイヤモンドの代替品などと呼ばれることもあります。

トパーズの宝石言葉

トパーズの宝石言葉は以下の通りです。

  • 成功
  • 希望
  • 誠実
  • 友情
  • 潔白
  • 守護

トパーズの意味と効果

トパーズは、本来は無色透明の硬い結晶であることから、純粋で強い意志があるという意味が込められるようになりました。

これらの意味と結び付けて、学業やビジネスの成功、災いから守る、さらには傷や心を癒すヒーリング効果もあると信じられています

ブルートパーズの種類

トパーズはカラーバリエーションが豊富という特徴がありますが、なかでも広く知られているのが「ブルートパーズ」でしょう。

市場で流通しているブルートパーズの大半は、トパーズに照射処理や熱処理を加えて着色しています。

ブルートパーズのなかでも有名なものが「ロンドンブルートパーズ」です。ロンドンの空の色を由来にしており、濃い青色をしています。

ロンドンブルートパーズの多くは、中性子の照射処理に加え、加熱処理することで色を調整します。

また、似た物として「スイスブルートパーズ」もあります。アクアマリンのような透明感がある青色が特徴で、ガンマ線や電子線の照射処理に加え、加熱処理をしています。

ブルートパーズの多くは人工的な処理が加わっているとは言え、その複雑さと再現度は、高度な技術が成せる技とされています。

シトリンの特徴


シトリン

シトリンの商品はこちら
11月の誕生石であるシトリンは、主に以下のような特徴があります。

  • 多くはアメシストなどを加熱処理したもの
  • 天然色は希少で価値が高い
  • トパーズと間違われやすい
  • モース硬度は7

シトリンの多くはアメシストやスモーキークォーツなどを低温加熱しており「アイクリーン」と呼ばれる、不純物が目視できないほどの透明感が特徴的です。

宝石においては、人工的な処理が加わることはマイナス評価になりがちですが、シトリンの場合は加熱処理されていることは前提と言えます。

一方、天然色のシトリンは、宝石ファンのみならず鉱物ファンの間でも、垂涎ものとされるほど希少です。

シトリンの宝石言葉

シトリンの宝石言葉は以下の通りです。

  • 繁栄
  • 幸福
  • 活気

シトリンの意味と効果

シトリンは、フランス語でレモンを表す「Citron(シトロン)」が語源で、明るい黄色(ビタミンカラー)の外観から、エネルギーが溢れるものという意味が込められるようになりました。

このことから、金運上昇の効果をはじめ、心身の健康、さらには周囲を幸せにする効果があると考えられています。

まとめ

11月の誕生石はトパーズとシトリンの2つです。トパーズは青色やピンク、オレンジといったカラーが多いことから、ジュエリーのなかでも選択肢が豊富な宝石とされています。

また、シトリンは手頃な価格帯のジュエリーが多く、カジュアルな使い方にも適しています。いずれも、宝石のなかでは手軽さが魅力ですので参考にしてみてください。

11月誕生石はこちらから
11月誕生石リンク画像